この記事はこんな人にオススメ
・知らない邦ロックバンドはないよって方
・平成最後の夏に少しでも新しいバンドを知りたい方
・邦ロック大好きな方
・とりあえず音楽が好きな方



平成最後のお盆ですね。



自分が平成の間に聴いた曲で、「あまり知られてないけど、胸を打つっ!」ってバンドを10組ご紹介します。



アジカンとか、バンプとかラッドとか、ユニゾンは他の方におまかせします笑




あまり知られていないと言ったら怒られそうなバンドばかりですがね、、、




インディーズ、メジャー問わず書いていきます。



では、どうぞっ!

Unicycle dio 「上がれ」



1曲目はこのナンバー


夜一人で暗い夜道を歩きながらテンションを上げたいときによく聴きます。


「上がれ」ってなんだよって突っ込みたくなるタイトルですが、曲を聞くと、これは「上げろ」でもなく、「上げる」でもなく、「上がれ」が一番しっくりくることがわかります。

image1

[Profile]

 結成 : 2011年 東京
 メンバー : (左)GtVo 岡本啓太 / (右)Dr 吉田アカリ
 略称 : ディオ、ユニクル (自分はディオと呼ぶ派です)



なにげに、CD 5枚くらい買ってます。
無料で配ってたの貰いに行ったことあるから全部で6枚くらい持ってますね。



以前は4ピースバンドでしたが、現在は2ピースでの体制です。



まずは聴いてみてくださいよ。



癖がありながらも、渋く力強いGtVo 岡本の声を。



最初は「えぇーあんま好きじゃない」って感じだったのですが、聞けば聞くほど「あれ?なんか声よくね?」ってなってしまったのが運の尽きでした。



ええ。ハマりましたよ。



こんな渋いバンドは自分の知ってるバンドでいなかったので、かなりの衝撃でした。



彼らの持つ曲たちは、バンドの芯を保ちつつもロックンロール、ブルース、オルタナティヴ、ファンク、ジャズなど、多彩な音楽性を感じさせる曲ばかり



次はこんな曲はいかがでしょう。
「Muddy」




ちゃんと最後まで【見て】みましたか?



どうでしょう。



曲が終わったあとの PV 撮影風景と思いきや、今までのかっこよさをを見事に打ち消すかのようなはっちゃけっぷりを。




なんか、かっこいいバンドも、こういう事するんだなって親近感しかわかないです笑




でも、これはこれで彼らのサービス精神あふれる?パフォーマンスで個人的に好きです笑






現在は、リードギターとベースを募集中のようなので、我こそは!という方は、応募してみてはいかがでしょうか。




新進気鋭のロックバンド unicycle dio をこの機会に聴いてはみませんか?



てか、一緒にライブ行きません?



オススメ曲はアルバム「上がれ!上がれ!!上がれ!!!」より「空蝉」


The Calendar of Happy Days (現:HELLO, SADNESS)「drawing」

 

自分は、「Reason」という曲が好きなのですが、Youtube になかったので、次に好きな「drawing」を動画として紹介しました。


[Profile]

・メンバー : GtVo テラマエオトナ / Ba 鈴木ケータ


1回だけ渋谷チェルシーホテルで彼らを見たことがあります。



3ピースとは思えない音圧、演奏



Vo テラマエオトナさんの芯がありながらも、どこか寂しげな歌声は胸を打たれました。



手元にある CD が数少ないので、サンプルとしては少ないのですが、全体的にスローテンポからミドルテンポの曲が多いので、「Reason」は特にライブ映えするナンバーとなっています。



良いと思った CD はすぐに購入する主義なので、そのライブ後すぐに買いに行きました。


今でも大切にとってあります。


おすすめ曲は「真っ白なドレスに」収録の「Reason」

plane 「sister」

[Profile]

・結成        : 1996年
・メンバー : GtVo.菊地佑介 /Gt.久光正昭/Ba.木田佳文/Dr.神本圭祐



ほんと、「なんでこんないいバンドが知られていないんだろう」っていうほど、ガッツリハマるバンドです。




イントロのギターとキメ緩急のついた演奏に、この声





どこか切なそうで、それでいて力強く言葉を紡いでいく。




plane はぜひ一度聴いてみて下さい。


オススメ曲は「Airport City 82」より「Honey」


butterfly inthe stomach「フォトグラファー」




ええ。バタストです。


今でこそ2ピースで音楽性も変わってきていますが、昔は尖った曲が多く聴いててシビレます。


[Profile]

・結成 : 2003年
・メンバー : GtVo.小野雄一郎 / Dr.中江太郎


かっこいいんです。かっこいいんですけど、要所要所で出てくる小学生のようないたずら心があるかと思えば、甘酸っぱい学生時代を思い出させるような「キュン」とする曲たちばかりなんです!



二人一緒に怒られるような共犯めいたシンパシー
先に話しかけたのどっちって知らない知らない知らない
責任なすりつけ合うようにじゃれ合うような声が少しずつ大きくなって
そっちだろそっちだろ 「共犯シンパシー」


なんですか。この小学生の頃の甘酸っぱいじゃれ合いがいともたやすく想像できる歌詞は!



これをかっこよく歌い上げる小野さんは天才ですね



実は VoGt の小野雄一郎さんは、バンド「ザ・チャレンジ」「チャレンジオノマック」でもあります。



ザチャレも大好きですよ。



ぜひバタスト聴いてみて下さい。



男でも絶対惚れますよ。


え?


オススメ曲は「Photographer」収録の「エンベロープ」


ザ・チャレンジ「お願いミュージック」


ということでザチャレ



このバンド、楽しい!聴いてて楽しい!とにかく楽しいバンド!




かっこよさを見せつつも、オーディエンスをどう楽しませるか、きっちりかっちり計算しつくしてます。




どうすれば盛り上がるのかを彼らは知っています。





バンドでありながら、エンターテイナーなんです。彼らは。





音楽もそうなんですけども、このバンド、メンバーがすごいのなんのって。



[Profile]

・キャッチフレーズは「アミューズメントロックバンド」
・結成 : 2010年
・メンバー

 Vo,Center : 沢田チャレンジ
 VoGt  : チャレンジオノマック(小野雄一郎 butterfly inthe stomach)
 VoGt : タラコチャレンジ(伊藤 寛之 SPORTS)
 Bass : ヤンキーチャレンジ(和田大樹 hare-brained unity/HIGH FLUX)
 Dr : ドラゴンチャレンジ(石川龍 LUNKHEAD)


なんですかこの豪華なメンバー陣は!



センターの沢チャレは謎に包まれた存在です



(ごめんなさい。沢チャレだけは調べたけどもよくわからなかったです、、、)



動画を見るだけだと「この人たちテンション高いなぁー」となるだけですが、実際のライブとなると、とんでもない!



アイドルのようにオーディエンスがすぐ覚えられる振り付け楽しませるサプライズ、そして、楽しむことで忘れがちになりますが、その実力は折り紙付き



センターは沢チャレですが、その横を固める二人は別のバンドのボーカル



ヘヤブレで聞いた重低音たっぷりのベース



そしてそして、初期 LUNKHEAD を支えた激しくも繊細なドラム



彼らの織りなす音楽はかっこよくも楽しい新しいバンドのジャンルを確立しました。



ただ、、、、、、、




ただ、、、、、、、、




今は活動休止中なんです、、、





悲しい(´・ω・`)



ライブ行きたい(´・ω・`)


活動再開待ってますよ沢チャレさん


オススメ曲は「はじめてのチャレンジ」より「恋をしようよ」


AJISAI「アイコトバ」


[Profile]

・結成 : 2002年
・メンバー : GtVo.松本 俊 /Gt.Cho.須江 篤史/Ba.cho. mocchi/Dr.(support)イトゥーナオヤ



随分前の PV ですが、良さがよく伝わります。



切ない恋愛の曲、前向きなポップな曲、一曲一曲からAJISAI の良さが滲み出していますよ。



たまに、RADWIMPS に似てるって言われてます。



んーわからなくもないけど、自分は AJISAI のほうが好きです。


オススメ曲は「AJISAI BEST」より「ハロー」


The Cheserasera 「I Hate Love Song」



このバンドもドハマリしたバンド。



今好きな人がいる人は、このバンドは聞くしかない。


彼女に振られた人はこのバンドを聞くしかない。



GtVoの宍戸さんの恋愛節が炸裂しちゃってます。


[Profile]

・結成 2009年 東京
・GtVo.宍戸 翼 / Ba.西田 裕作/ Dr.美代 一貴


このバンドを知ったのはとあるツイート




なんともロックですが。このツイートによりこのバンドを知った方も多いはず。



全体的に後ろ向きな歌詞が多いですが、誰かが心のどこかで思っていることを見事に代弁してくれていて清々しいほどの曲ばかりです!





オススメ曲はアルバム「dry blues」より「春風に沿って」



それでも世界が続くなら「水色の反撃」


このバンドで語ることは多くありません。

メンバー紹介もしません。



「とりあえず聴けっ!」


「感じろっ!」


というバンドです。



ズキズキきます。


自分でも感じていないほど心の奥底の真っ暗な気持ちを痛いほどに歌ってくれます。



ぜひ




オススメ曲はアルバム「僕は君に武器を渡したい」より「鮮やかに変われ」



LOST IN TIME 「列車」

[Profile]

・結成 : 2001年
・メンバー : BaVo 海北大輔 / Dr 大岡源一郎 / Gt 三井律郎



もうこれは紹介せざるを得ませんでした。



イントロでは、懐かしくももがき苦しんだ過去の情景を思い出させるようなブリッジミュート



全体的にシンプルな演奏ですが、それが Vo 海北さんの歌、ひいては歌詞を引き立たせています。




あの頃は良かったなんて言いたくはなかったのにな





「あの頃は良かった」と言いたい。



言いたいんだけれども、変わってしまったんだ。



必死に生きてきたんだ。そんな言い訳は言いたくなかった



そんなぐちゃぐちゃな心情を見事に言い表しています。



郷愁に耽りたいのならもう有無を言わさずこのバンド



帰省から戻る帰り道、職場からの帰り道に聴いてみてはいかがでしょうか。



LUNKHEAD 「閃光」



あっ、はい。もう最後は、LUNKHEAD です。


だって、大好きですもん LUNKHEAD 

[Profile]

・結成 : 1999年
・メンバー : GtVo 小高芳太朗 / Gt 山下壮 / Ba 合田悟 / Dr 桜井雄一



紹介したい曲なんて山程ありますが、受けの良さそうなトガッたこの曲を紹介します。



この人達何がすごいかって、曲がかっこいいのはもちろんなんですけども、進化し続けるバンドなんです。



「あの人達メジャーデビューしてからなんか曲変わったよね」


とか


「受けの良さそうな曲ばっかりでつまらない」



とか思うバンドってたくさんあるじゃないですか。



このバンドは違いますよ。



アルバムを出すたびに進化してます。



多分それって、あまり有名でないからだと思うんです。



「なにクソっ」とか「売れてやるっ」っていうパワーが曲からひしひしと感じられます




だから、今までよりも少しでもよく。変わっているんだと思います。



売れてほしいけど、売れてほしくない。



かなり複雑な想いです。



ぜひ CD ショップで手にとってみてください。



きっと、あったかい、それでいて、触れたら切れてしまいそうな衝撃を味わいます



オススメ曲は全部です


あえて言うなら、「REACT」より「優暮」
シングル「きらりいろ」に入っている「優暮」じゃなくて、「REACT」の「優暮」です




最後に


どうでしたでしょうか。


詳しい人には、「全部知ってるよ」と言われてしまいそうですが、1バンドでも新しいバンドの発見があったら嬉しい限りです。



10選とかやってたら、各バンドの紹介で言いたいことありすぎて長くなりましたが、まだまだ書けますよ。



こんど個別に書こうかなと思ってしまったけーえむでした。



みなさんも、オススメのバンドありましたらコメント欄にて教えて下さい。



ではでは~


この記事が良かったと思った方にはこんな記事!

 関連記事 : ・曲の聴き方っていろいろあるよね?┃歌詞は先に見る派?それとも後に見る派?
                  ・ あつい夏に聴きたい!涼しさを感じさせる熱い邦ロック5選